クリニックを利用して自分自身の体調を整える

男性二人と女性一人が会話している

目の対策

眼精疲労は早期の対策を心がけることが大切

眼精疲労は、デスクワークなどでパソコンなどでの作業をする人であれば、経験した人は多いのが現実です。 目がしょぼしょぼするという人や、目が乾く、あるいは症状が進行しすぎて視力が低下したり乱視になるケースもあります。 こうした眼精疲労は、なるべく早めに眼科医に診てもらうなどして適切な対処を心がけていくことが重要です。また、職場などによってはVDT検診を行っているところもあるので、積極的な利用を考えたいところです。 この眼精疲労はその他にも、矯正視力があっていない眼鏡などでも目を疲れさせてしまいます。無理にその眼鏡を使い続けようとはせずに、自分にあっていない、眼精疲労が気になるなと思えば早期に眼科を受診することは、極めて大切であると言えるでしょう。

これが眼精疲労防止のための注意点だ

眼精疲労となってしまったら、仕事や勉強の合間にできるだけ目を休めることが大切です。一日中書類やパソコンのモニターを見つめている人ほど、眼精疲労になりやすいことがわかっています。目が疲れてきたなと思う前に、短時間の休息をとる習慣を付けるようにするのがベターです。 眼精疲労防止のためには、一時間ごとにタイマーをセットしておき、アラームが鳴る度に目を休めるという方法が有効です。また、肩こりが眼精疲労の原因となっていることもあるため、肩甲骨周辺のマッサージをしたり、ストレッチをすることで症状が緩和することもあります。 そして、眼精疲労は精神的なストレスによって引き起こされることもあるため、普段からストレスを貯めこまないように注意しておくとよいでしょう。